シンメトラのアンチヒーローまとめ【狩り尽くす】

シンメトラのアンチヒーローまとめ【狩り尽くす】

範囲に入るだけで自動攻撃し、移動速度低減効果もあるセントリータレット

最大火力がフルパワーザリア並みのメイン射撃。判定ガバガバで威力の高いサブ射撃

味方全員に耐久値4000のバリアを提供できるウルト。汎用性高すぎテレポーター

厄介すぎるほどに厄介なヤツを倒すべく、シンメトラのアンチヒーローをまとめました。

対シンメトラアンチ・対策キャラ

シンメトラ

シンメトラはやり過ぎた。

シンメトラ対策になるアンチキャラと立ち回り・運用方法を解説します。

    • ファラ
    • レッキングボール
    • トールビョーン
    • シンメトラ
    • ウィドウメイカー
    • アッシュ
    • マクリー
    • ソルジャー76

ファラ

ファラ

正義の雨で裁いちゃえ。

シンメトラに最もぶっ刺さるアンチがファラです。

シンメトラのメイン射撃とセントリータレットは射程が短く、射程の長いサブ射撃は弾速が遅い致命的な弱点があります。

ファラがシンメトラに攻撃されることはほぼないので安心してピックし、一方的に上空から爆撃してやることが可能。

高度を保っている限りメイン射撃はまず届きません。ただ、セントリータレットをビルや壁の高い場所に置かれたり、サブ射撃で攻撃されるリスクはあります。

どちらもよく見て当たらないようにしたいところ。セントリータレットはさっさと壊すか離れればよし。

サブ射撃の溜めショットは本当に弾速が遅くまず当たらないので、動きを止めずよく周りに目を配りましょう。これは相手がシンメトラじゃなくても基本です。

味方からは見えにくい場所に設置されたセントリータレットを壊しやすい点でも相性よし。

ファラに安定してダメージを与えられるヒーローはほとんどがダメージロールに集中しています。現在のオーバーウォッチは2-2-2でロール人数が決まっており、ダメージロールは二人のみ。

そのうち一人を相手のシンメトラが占めているだけでファラに対応できる枠がかなり限られます。

その分ファラは安全かつ自由に敵を攻撃できて活躍間違いなし。そして活躍すればするほど敵チームはシンメトラがいること自体が戦犯と感じるようになり、シンメトラを引っ込めさせることが可能。

仮に引っ込まなければそのままファラで活躍し続ければいいだけ。ファラゲー。

レッキングボール

オーバーウォッチ上でもトップクラスの機動力と耐久性能を持つレッキングボールもシンメトラのアンチとして非常に優秀

特にパイルバンカーの攻撃判定の広さが優秀で、敵陣どまんなかに突入するいつもの立ち回りをやるだけで低い位置にあるセントリータレットを排除可能。

相手シンメトラはレッキングボールがいるだけで低い位置にセントリータレットを置きづらくなります。また、レッキングボールのメイン射撃も使い勝手がよくセントリータレットを壊しやすい。

機動性&生存性能も高いので、セントリータレットだけを壊して帰還 → 回復後また突入して壊すムーブを繰り返す。

これを繰り返すだけで簡単にセントリータレットのストックを枯らすことが可能

レッキングボールがゴロゴロ動き回るだけで範囲内に入ったセントリータレットが反応して撃ってくれるので、直接壊せずともセントリータレットがどこにあるか自分だけでなく味方にもわかりやすくなります。

セントリータレットを壊すための機動力と耐久性能だけならD.Vaやウィンストンもなかなかですが、レッキングボールはシンメトラのメイン射撃の範囲外から一方的に射撃してダメージを与えられる点でも優秀。

シンメトラは当て続けることによって威力があがるメイン射撃と弾速が遅い代わりに威力の高いサブ射撃を持ちます。

どちらも高火力で、セントリータレットのビームやほかの敵の攻撃と合わさるとレッキングボールでも一瞬で溶けることがあります。

しかもセントリータレットが当たってる間は移動速度が遅くなるため、もたもたすると逃げる前にキルされるリスクも。

あまり撃たれすぎると相手シンメトラのウルトが溜まってしまうので、相手にシンメトラがいる場合、レッキングボールは無理はせずまずセントリータレットだけを狙ってストックを枯らしてから本格的に戦いはじめた方が無難です。

トールビョーン

トールビョーンのタレットはアンチシンメトラ・アンチセントリータレット対策として有効です。

トールビョーンがタレットを置くだけで射程内にあるシンメトラのセントリータレットを全て破壊し尽くしてくれます。セントリータレットが飛んできても射程内に入った瞬間ぶっ壊してくれる優秀さ。

トールビョーンのタレットの方がシンメトラのセントリータレットよりも攻撃範囲が広く耐久性もあるため、タレット同士の戦いで負けることはまずありません。

しかもトールビョーンのタレットはシンメトラ本体にも有効。シンメトラは耐久性の低いヘルス200族で、トールビョーンのタレットがあるだけで動きが制限されます。

さらにいえばトールビョーンとシンメトラのタイマン勝負でも射程が長く、自己強化アビリティ オーバーロードを持つトールビョーンの方が有利。

例えテレポーターや障害物などを使って接近されても、トールビョーン自身が強化されるアビリティ オーバーロードをかければ有利シンメトラとのタイマンで負けることもありません。タレットもあればなおさら。

ただし、基本的にはトールビョーンが先にタレットを置ける前提。なので基本的には有利ポジションで待ち構えられる防衛側限定と考えていいかも。

シンメトラ対策とは別のはなしで、実戦でタレット後置きはかなりうまく立ち回らないと難しいもの。トールビョーンのタレットはマークされやすいため、先に有利な場所に置くのでもないとすぐに壊されることがほとんどです。

そもそもシンメトラのサブ射撃 溜めショットがトールビョーンのタレットを壊しやすい特性を持っている点も注意。

シンメトラ

シンメトラ対策としてシンメトラをピック。いわゆるミラーピックです。

シンメトラミラーは特にセントリータレット封じに有効。

さきに置いたセントリータレットが敵のセントリータレットが範囲内に入った瞬間に攻撃し破壊してくれるので、敵のシンメトラはその範囲内に後からセントリータレットを仕掛けるのがほぼ不可能です。

一応、セントリータレットのビームをほかのヒーローが受けてる間であれば設置可能ではありますが、先置きが超絶有利である点は覆りません。

なので、基本的には先に設置して有利なポジションで待ち構えられる防衛側のシンメトラの方が有利。

コントロールルールなら先に拠点を取れた方が有利。さらにいえば、開幕から先に拠点までたどり着けたほうが有利なのでルシオがスピードブーストをかけてくれれば先にセントリータレットを設置しておくことが可能です。

ウィドウメイカー、アッシュらスナイパー系ヒーロー

ウィドウメイカー、アッシュ遠距離から撃ち抜けるスナイパー系のヒーローもシンメトラ対策によし

単純に射程外の高台などから狙撃するだけ。ただ、シンメトラがブチギレるとテレポーターで一気に距離を詰めてくる危険性あり。

アッシュはダイナマイトもうまく使えば勝てますが、ウィドウメイカーは厳しいので逃げて距離をとるが吉。

ただし、アッシュはともかくウィドウメイカーは非常に扱いの難しい上級者向けのヒーローです。

当たり前のように重要な局面でヘッドショットキルを決められ、必要なタイミングでウルトを発動できるならともかく、自信がなければやめておいた方が無難。

せめてもう少し汎用性の高いアッシュか、後述するソルジャー76やマクリーを使った方が無難です。

ソルジャー76、マクリーらシューター系ヒーロー

スナイパーだけでなく、ソルジャー76やマクリーらシューター系のヒーローもシンメトラ対策によし。

ウィドウメイカーやアッシュと同じく、シンメトラとは距離をとって戦うだけ。基本的にはサブ射撃と飛ばしセントリータレットだけ気を付けていればオッケー。

といってもシンメトラのサブ射撃は弾速が遅いので普通に避けれるはず。同じくセントリータレットも普通に見えるので、ソルジャー76、マクリーならある程度距離さえあれば余裕で壊せるはず。

シンメトラ本体がテレポーターで距離を詰めてきた場合でも、ソルジャー76はヘリックスロケットで即死させられ、マクリーもフラバンファニングコンボで余裕でキル可能。

ソルジャー76の場合、ヘリックスロケットを外してダメージレースに負けそうな場合はダッシュで逃げればよし。

ただ、マクリーは近距離戦が得意なシンメトラ相手にフラバン外したらかなり不利。逃げるのも絶望的なので絶対外しちゃダメです。

まとめ:

シンメトラを相手するときに重要なのは、とにかく相手のペースにさせないこと。

ちなみにシンメトラのウルトや各アビリティ、立ち回りに対する対策・対処方法については方法別記事で解説していますので、下記リンクよりどうぞ。

シンメトラカテゴリの最新記事