マクリーのフラバンで止められるウルト・止めてはいけないウルト

マクリーのフラバンで止められるウルト・止めてはいけないウルト

ファニングが大分弱体化されたため初期の凶悪さは大分消えましたが、敵をスタンさせ一瞬動きを止めるフラバンはいまでも超強力。

敵の暗殺にもフランカーから味方を守るにも、マクリーの近距離戦には欠かせない生命線です。

そして敵のウルトをすら中断させることもできる超優秀なアビリティでもあります。

今回はフラバンによって止められるウルト・止められないウルトを解説します。

マクリーのフラバンで止められるウルト

マクリーのフラバンで止められるウルトと止めてはいけないウルト

マクリー、怒りのフラバン。

先にマクリーのフラバンで止められるウルト一覧と止め方のコツ・注意点をば。ここで挙げるウルトは全てマクリーのフラバンで止めることが可能です。

逆にいえば味方はマクリーにウルト妨害を期待していますし、実際に止めることができれば勝利に大きく寄与することが可能です。

もちろんフラバンでスタンさせたあとはキルも狙いたいところ。

ファラ バレッジ

ファラのバレッジもまたフラバンで止めることが可能です。そのあと落ち着いて狙ってキルを取ってやりましょう。

味方から拍手喝采、ありがとうありがとう連打のうえ、推薦の嵐が来ることでしょう。

もしフラバンがなかったりフラバンが届かない距離でも、マクリーならキル取れます。ガンバレ。

ただ、ファラが最初からマクリー狙ってきた場合はフラバンを投げる間もなくデスになることも多々ありますし、マクリー自身が狙われずとも味方があらかたキルされてから止めたのでは意味なし。

反射神経が非常に大事。ガンバレ超ガンバレ。

モイラ コアレッセンス

モイラのコアレッセンスも発動中にフラバンを当てて中断できます。

ただし、コアレッセンス発動中はモイラ自身の動きがは非常に速くなります。

しかもコアレッセンスは射程が長いの、マクリーの位置がバレていると賢いモイラなら警戒して逃げてしまうかも。

落ち着いて接近し、きっちりスタンさせてやりましょう。

リーパー デスブロッサム

リーパーのウルトデスブロッサム、通称死ね死ねブロッサムもスタンさせることで中断可能です。

ただし、デスブロッサムは秒間170ものダメージを誇るウルト。マクリーの体力が満タンでも2秒持ちません。

聞こえたらすぐにリーパーの方を向き、フラバンを投げるべし。そして一発でもいいのでリーパーに撃ちこんでおきましょう。

手負いでフラバンも消費したマクリーとリーパーのタイマンでは勝てません。スタンさせたらキルを取るか、最低でもレイスフォームで逃げたくなる程度にはダメージを与えるべし。

ロードホッグ ホールホッグ

ロードホッグのウルト ホールホッグもフラバンによるスタンで止めることが可能です。(豚のウルトはホールホッグだよ、名前だけでも覚えてね)

ただ、ウルト発動中のロードホッグは自己回復もフックも使えず非常に無防備で、むしろキルチャンスとして利用されています。

十分に距離が取れて安全なようであれば、普通に遠距離からヘッドショットでキルとった方が無難。

距離が中途半端な場合、下手にフラバンスタンで止めてもマクリーではロードホッグにタイマンで勝てません。怒りのフックコンボを見舞われることでしょう。

中途半端な距離なら、マクリーはあえてウルトを受けて飛ばされ、距離をとって撃った方が安全です。

D.Va メック召喚

ご存じの通り、D.Vaは自爆ウルト後、もしくはメックはがされたあとウルトゲージをためることでメックを召喚して再度搭乗できます。

メック召喚が発動した瞬間に中身のハナちゃんにフラバンを投げると、メック召喚のエフェクトだけ出てメックには乗れません。

乗れていなくても発動はされているので、D.Vaのウルトゲージはなくなったまま。

そしてか弱い女の子をじっくりいたぶってキルするおっさんガンマンの姿がそこに。マクリー最低。

ちなみにハナちゃんは意外と強いです。ちゃんとキルしないとヘッドショット連発でハナちゃんに逆襲される可能性もあるので注意。

16bitヒーローで射撃の腕を鍛え、リコイルを完璧に制御し、1mmのブレもなくブラスターを連射できるハナちゃんをなめてはいけない。

ソンブラ EMP

タイミングがかなりシビアな上にソンブラ自身が神出鬼没なため難易度は高いですが、ソンブラもEMPも発動直前であれば中断させることが可能です。

ソンブラは敵陣内で姿を現しながら or ビーコンを投げてテレポートしながらEMPを発動することがほとんどで、シビアながら意外と狙えるタイミングです。

ウルトがきそうなタイミングで自陣内に姿を現したのを見たら、なにはともあれすぐにフラバンを投げましょう。

マーシー リザレクト

死んだヒーローを復活させるマーシーのリザレクトもフラバンで妨害可能です。

(リザレクトはいまではウルトではなくアビリティですが、妨害できるとかなり有利になるので一応)

リザレクトは復活の可否にかかわらず、発動した瞬間にアビリティを使った扱いになり30秒間復活はできなくなります。

アビリティ発動中で無防備なマーシーにフラバンをなげてやれば復活を阻止できます。

デスした死体は10秒ほどで消えてしまうので、マーシーが復活させようとしていたヒーローは実質キル確定となります。

しかもうまくやればそのままマーシーもキルできてうまうまです。

止まらないウルト、止めちゃいけないウルト

強アビリティのフラバンといえ、逆に止められないウルトもあります。

一応フラバンが当たればスタンして一瞬動きは止まるので、正確には止められないのではなく動きは止めても継続するウルトです。

とはいえ、味方と協力したりウルトを発動した敵のヘルスが少ない場合はマクリー単独でトドメを刺せることも。

状況によっては有効なのでこれらのウルトでも狙いたいところ。ただし、動きが止まった一瞬でキルがとれないと、マクリーはほぼ確実にデス……

まったくしょうがねぇな。

(ウィンストンのプライマルレイジのようにウルト自体は中断できないけどスタンさせることに大してリスクのないウルトもあります)

バスティオン タンクモード

バスティオンのタンク中にフラバンを投げると一瞬は動きが止まります。ただし、タンクモードのまま。

一瞬ののちスタンが解けてまた砲撃再開。そしてフラバンを投げ込める間合いまでバスティオンに近づいていたら大抵即死させられます。

確実にキルが取れる!と自身のある場合を除き手は出さずに逃げた方が無難です。

ソルジャー76 タクティカルバイザー

ソルジャー76 タクティカルバイザーも一瞬動きが止まるだけでウルトは中断されません。

あのバイザー、どうみても電子機器なのにソンブラのハックでも消えてくれないスゴイヤツ。フラバンごときじゃ止まりません。

そして一瞬のスタンのあと、マクリーがタクティカルバイザーから逃げられるはずもなく……

キルしきれないとハチの巣にされます。味方の協力も含め、確実にキルできない状況では素直に逃げた方が無難でしょう。

もちろん、どうしても逃げられない状況ではワンチャン狙うしかありませんが……

トールビョーン モルテンコアァアアア

モルテンコアで強化されているトールビョーンも、フラバンでは一瞬動きが止まるだけでウルトは継続。

さらにウルト発動中はトールビョーン本体の体力も増えるためフラバンで一瞬スタンさせたところでマクリー単独では手に負えません。

しかも本体だけでなくタレットも猛威をふるい続けます。

玉砕覚悟ならともかく、無駄死にしたくなければ一人で挑まないようにしましょう。普通に考えて絶対勝てないから。

ゲンジ 龍神剣

どうか剣を収めていただきたいですが、ゲンジのウルト 竜人剣もフラバンでは一瞬動きが止まるだけでウルトは中断されません。

とはいえ、ゲンジは体力も少なく竜神剣には自己回復や耐久性を上げる効果はありません。

フラバンによる一瞬のスキをついてキルをとることも不可能ではないので狙っていくのはあり。

ただし、いうまでもなくフラバンが届く間合いで龍神剣ゲンジと対峙するのは非常に危険です。キルに失敗すればやられるのはマクリの方なので落ち着いてエイムしましょう。

ウィンストン プライマルレイジ

ウィンストンのプライマルレイジも一瞬動きは止まるものの、ウルト自体は中断されません。

しかしプライマルレイジはもともと火力のあるウルトではなく、怖いのは壁ハメと吹っ飛ばされての落下死くらい。

逆襲されても怖くはないので、余裕があればイヤガラセにフラバンでスタンさせてやりましょう。ウィンストンにとって特にイヤなタイミングはジャンプパックで大ジャンプするタイミング。

移動を妨害でき、ウィンストン本来の狙いをストップさせることができます。

特にウィンストンが制圧エリア内で粘るときは真上に向かってジャンプすることが多いので、飛んだ瞬間にスタンさせてみんなで袋たたきにしてやりましょう。

マーシー ヴァルキリー

マーシーのヴァルキリーもスタンにより一瞬動きが止まるだけでウルトは中断されません。

とはいえマーシーの動きを止めることにソルジャー76やゲンジほど大きなリスクはないので、スタンさせてキルを狙うのもあり。

しかしヴァルキリー中は常時自動回復もあるためスタンさせても単独キルは難しく、キルを狙うのであれば味方と協力していった方がいいでしょう。

ガーディアン・エンジェルを発動したマーシーは抵は空中に浮いています。

フラバンを当ててスタンすると浮力がなくなり一瞬落ちてくるので、キルを狙う場合はその分も加味してエイムしましょう。

まとめ:マクリーのフラバンで止められるウルト・止められないウルト

  • ファラ バレッジ、モイラ コアレッセンスなどはウルトの途中で
  • ゲンジ 龍神剣やバスティオン タンクモードなどは、動きは一瞬止まるがウルトは中断できないので、キルしきれないと危険。
  • ウィンストン プライマルレイジやマーシー ヴァルキリーも中断できないが、スタンさせることに大きなリスクはないので狙うのはあり。

マクリーカテゴリの最新記事