ファラ対策のアンチピックとオススメチーム編成【引っ込めロケットクイーン】

ファラ対策のアンチピックとオススメチーム編成【引っ込めロケットクイーン】

「 ファラゲー 」なんて言葉があるほど、一方的な試合展開になりやすい強オフェンスヒーローファラ。

(ファラゲー=ファラのせいでクソゲーの意)

空からの爆撃により、後衛のヒーラーから盾を張ったラインハルトまで、一方的に蹂躙されるうっとうしさはオーバーウォッチプレイヤー誰しも経験したことがあるはず。

ダメージロールのDPS枠に「 なんとかしろよ! 」と言いたくなりますが、実はダメージロール以外のタンク、ヒーラーのどのロールでもある程度ファラ対策は可能です。

今回はファラに一方的にやられるのを防ぐためのオススメピックとチーム編成を解説します。

ファラのアンチピック一覧

ファラをいじめるウィドウメイカーとハンゾー

引っ込めロケットクイーン。

ショットガンや近接武器など、FPSにしてはリーチの短いキャラが多いオーバーウォッチにおいて、距離減衰もなく全くぶれないロケット弾を上空から打ち込んでくるファラに対応できるキャラピックはかなり限られています。

なかでもファラのアンチとしてオススメなのが以下のヒーローたち。

  • ソルジャー76
  • マクリー
  • バスティオン
  • ゼニヤッタ
  • D.Va
  • ウィドウメイカー
  • トールビョーン
  • アナ
  • ハンゾー

もちろんほかにも十分ファラに攻撃できるヒーローはいますが、ファラが高度を上げて距離をとった状態でも安定してダメージを与えられるのはこの辺りでしょう。

特にペイロード、ハイブリッドルールの場合、防衛側はマッチ開始時のリスポン位置が非常に遠いためファラが出てからピックを変えるのでは対応が間に合いません。

ファラが出てからでは手遅れなことがほとんどなので、防衛側はマッチ開始時にファラアンチのどれかは最低でも一人はピックしておきたいところです。

ファラ対策に鉄板のソルジャー76とマクリー

射撃が即時弾着で遠くまで届くソルジャー76とマクリーは、明確な対ファラのアンチピックといえます。

特に上空にいるファラには遮蔽物がないため、ソルジャー76のウルト「 タクティカルバイザー 」もマクリーのウルト「 デッドアイ 」もよけようがありません。

高度を制限されるため、それだけでファラの良さが半減します。

リスポンポイントが遠くあと出しでキャラピックを変えにくい防衛側は、マッチ開始時に最低でもソルジャー76かマクリーは編成に入れて置きたいところ。

バスティオンで対空

偵察モード時にはソルジャー76の通常射撃と非常に近い性能を持つバスティオンも安定してファラを狙えるアンチヒーローの一人です。

ある程度近い状況ではタレットモードでも対応可能です。

が、距離が離れると弾のバラつきのひどいタレットモードではあるファラにまともにダメージを与えられません。

それどころかファラは威力の距離減衰がないロケットを動けないバスティオンに一方的に撃ちこんできます。

距離が離れている場合は偵察モードの方が効率よくダメージを与えられバスティオン自身も安全なので、タレットモードにこだわらないように注意。

また、バスティオンがやられずに一人で空中のファラも地上の掃討も担当するのは非常に骨の折れる仕事なので、味方の援護をフルに活用したいところです。

ゼニヤッタで不和&射撃

不和のオーブでダメージ増加&射撃がまっすぐ遠くまで届くゼニヤッタもファラ対策として非常に優秀です。

ヒーラーを使っていて敵ファラが脅威に感じられる場合はゼニヤッタをピックし、不和のオーブと弾幕でプレッシャーを与えましょう。

特にヒーラーがブリギッテやルシオの場合ファラに対してはほぼなにもできないので、ゼニヤッタに変えても問題はありません。

ただし、一発が重いにしても射撃が即弾着ではないゼニヤッタ単体でファラのキルをとるのは少々困難。

しかも体力が少ない割に正面の面積が広いゼニヤッタ自身、ファラからすればいい的でもあります。

あくまでもゼニヤッタはファラ対策のサポートとして、あと一人はファラ対策となるキャラをピックした編成にしておきたいところ。

D.Vaで空中のファラにダイブ!

ブースターによって空を自在に飛べるD.Vaもファラ対策として非常に有効なピックです。

メイン射撃を撃ちながらファラに向かってまっすぐにブーストし、ある程度近づいたらミサイル&体当たりとパンチもお見舞いしてやりましょう。

通常射撃のフュージョンキャノンと体当たりだけでも十分すぎるダメージを与えられるので、弾速の遅いミサイルは多少外れても大丈夫。もしCT中ならなくてもオッケーです。

1度のダイブでキルはとれずとも、ファラは大ダメージ&ノックバックで態勢を崩し戦闘継続は不可。回復や援護なしではつづくD.Vaの追撃から逃げることすら困難になってきます。

だからといって、D.Vaがいつでもファラにダイブをかけてもいいわけでもありません。

敵前線の後方にいるファラには飛び込まない方が無難

ファラは撃退できても、そのあと地上の敵にタコ殴りにされメックをはがされます。D.Va中身なんてファラからすればエサでしかありません。

そういう意味では、D.Vaはファラが前線付近か単独行動中しか対応できない点がファラ対策としてはちょっと厳しいといえます。

ウィドウメーカーで即死狙い

安定したキルをとりにくく戦犯扱いになることの多い不人気スナイパーウィドウメイカー。

しかし、特に射程が長く一撃キルがとれるウィドウメイカーはファラマーシー対策としては非常に有効です。

ファラにマーシーがついていると回復しつづけるため、ソルジャー76やマクリーではなかなかキルを取れず苦労することも多々あります。

しかし、ウィドウメーカーであれば一撃で即死させられるので、マーシーが回復していようが関係ない。むしろマーシーも片づけられておいしい。

もちろん当てられればの話なので、ファラに逆襲されずキルがとれるエイム力に自信があればですが……

アナでじわじわと

ウィドウ同様スナイパーとして射程が長い母アナも上空のファラにとっては脅威になります。

ヘッドショットがないため何発も当てる必要がありますが、空には障害物も少ないのでじっくり狙って着実にダメージを蓄積させましょう。キルはとれずとも十分撃退は可能です。

ただし、アナの攻撃はダメージが時間差でくるため、ファラも撃ち返す時間が十分にあります。移動アビリティのないアナとしては回避が難しく、狙われ出すと非常に危険。

万一アナとファラが撃ちあって相打ちになった場合、本来回復を担うメインヒーラーであるアナを失う方がチーム全体のダメージは大きく、損です。

アナがファラ相手に死ぬ気で戦うのはあまり得策とはいえません。

トールビョーンのタレットでじわじわと

射線に入ればオートエイムで確実に当ててくるトールビョーンのタレットも体力の少ないファラにとっては非常に厄介な相手です。

同時に、動くことができないタレットにとって一発が重く遠距離からでも攻撃してくるファラもまた非常に厄介な相手。

ファラが接近しにくいように視界が開いた引いた場所におき、トールビョーンも近くで待機してロケットでやられないように面倒をみてあげましょう。

もしファラによって一方的にタレットを壊されるようなら、さっさとトールビョーンをやめた方が無難

なお、敵の地上戦力が前身してくるとタレットはファラ以外もターゲットとするので対策としては確実性が低く、ファラ対策としてはいま一つ決め手に欠けます。

ファラが問題になっている場合、単独ではなくほか対策キャラと一緒にピックし併用していきたいところです。

ハンゾーの弓矢で空を即死の戦場に!

ハンゾーのメイン射撃はソルジャー76のように即着弾ではありません。ヘッドショットならファラを1撃で即キルさせる威力を秘めています。

しかも即着弾ではないため確実に当てるのが難しい代わりに「 ヒット判定が大きめになっている 」という特徴があるので、意外と当たるんです。

さらに、ゼニヤッタやトールビョーンなど、ほかの着弾に時間がかかるヒーローに比べるとハンゾーの弾速はケタ違いの速さ。

また、体術アビリティと壁のぼりによる機動性の高さで高台を

しっかり弓を引き絞りながら上を撃っているだけで、ファラの空がうっかりでも当たれない攻撃がビュンビュン飛び交う危険な戦場となるのです。

丸太を飛ばしているなんて揶揄された頃に比べれば判定はかなり小さくなりましたが、それでもまだまだ充分ファラを狙っていけます。

また、シーズン10よりアップデートで実装された電光石火は1発のダメージこそ下がるものの、高速で矢を連射できるので、このアビリティでプレッシャーをかけるのもいいかもしれません。

体力が少なく隠れる場所のない空を飛ぶファラにとって、一発の想いハンゾーの攻撃は非常になります。。

ファラがいる状況では避けたいピック

反対にファラがいる状況では避けておきたいピックも多くあります。

  • ブリギッテ
  • ロードホッグ
  • ジャンクラット
  • トレーサー
  • ゲンジ

ブリギッテは盾を構えても爆風が当たるし、攻撃は一切届かないしでファラに対して本当になにもできません。

敵にトレーサーがいるなど明確に使う理由がなければ絶対出さない方がいいレベルです。

ロードホッグこと豚もファラがある程度高度を下げくれないとまともに攻撃ができず、反対にファラからすれば巨体めがけて適当に撃ってるだけでもダメージを与えられるのでウルトタンクとして有効。

ファラが猛威をふるっている状態ではブリギッテやロードホッグのピックは避け、同じくサブヒーラーのゼニヤッタやタンクではD.Vaか、せめて盾をはれるハルトやオリーサの方がが無難です。

ジャンクラ、トレーサー、ゲンジも上空のファラに対して安定してダメージを与えることが非常に困難です。

D.Va、ソルジャー76、ゼニヤッタが揃っているなど自分以外の編成が対ファラとして有効ならともかく。

そうでもないならさっさと変えないと味方から顰蹙を買うし、自分自身も勝てずに辛い思いをすることになります。

ファラ対策にオススメ編成

上記を踏まえてファラ対策オススメのチーム編成を挙げると、

  • ラインハルト / D.Va / ソルジャー76 / マクリー / ゼニヤッタ / マーシー or モイラ

といったところでしょうか。

ソルジャー76、マクリー、ゼニヤッタがそろっているだけでファラにとっては非常に大きな脅威なので、タンクはD.Vaではなくザリアなどでもオッケーでしょう。

ファラを撃つためにい上を見る必要があるため、地上の戦況が落ち着いていないといきません。

ドッシリと前線で粘ってくれるラインハルトがいてくれると、アンチファラのヒーローとしては非常に心強い限り。

ただ、ラインハルトは盾をめくってくるファラは鬼門なので、ほかのアンチキャラが早めにファラを追い払ってあげたいところ。

ラインハルトの真上や横に回り込まれないよう目を光らせましょう。

特にアサルト、ペイロード、ハイブリッドルールでの防衛側は最低でもソルジャー76かマクリー or そのほかから2人以上ピックしてマッチを開始することが必須です。

ファラを自由にさせておくあっという間にヒーラーや前線が狩られてしまい、あっさりAを取られたりペイロードを大きく前進されます。

あとからソルジャー76をピックして駆け付けたところでもう取返しはつきません。

しかも一度敵全体が勢いに乗ると、空をみれば地上から狙われ地上をみれば空から狙われ、どちらも手がつかず一方的なキルされまくる悪循環に陥ってしまいます。

まずはファラがきても大丈夫なチーム編成におき、出なかった場合は相手の編成に合わせて別のピックに変えてもいいし、問題なければそのまま続ければオッケーくらいの気持ちで臨みましょう。

まとめ:ファラ対策にオススメのピックとチーム編成

  • ファラに安定してダメージを与えられるキャラは限られている。
  • 特にリスポン位置が遠くキャラ変更がしにくい防衛側はマッチ開始時にソルジャー76かマクリーはマストでピックしておきたい。

ちなみにどのキャラをピックしてもあくまで「 ファラを攻撃しやすい 」だけであって、常にファラからの反撃にもさらされることになります。

D.Va以外は体力も少なくあっという間にやられかねないので、ほかの味方やヒーラーの援護をもらいつつ対処しましょう。

一度ファラによってキルされ始めると残ったチームメンバーが地上と上空の二面攻撃に苦しむことになります。

なにはともあれまずはファラに対して安定して攻撃できるキャラが複数で常に目を光らせ、キルはとれずともハエを追い払うように常にダメージを与えておきたいところ。

純DSPアタッカーであるファラを封じ込められれば大げさでなく敵火力の半分は抑えたと言っても過言ではありません。

ファラなんて二度と使いたくならないくらいのトラウマを与えるくらいの気概でどんどん追い払ってしまいましょう。

グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY)
¥5,400 (2020/07/09 08:28:37時点 Amazon調べ-詳細)

ファラカテゴリの最新記事